治療症例

下顎後退 29歳女性

上顎前突と上下の歯ならびの改善をご希望でした。
下顎の先端(オトガイ部)がこれ程後退している場合は初めから手術適応になります。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
この患者さんは先に上下の歯ならびの改善を行いました。上下左右の小臼歯を抜歯しています。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
約15か月で上下の歯ならびが整いましたが、顎関節をずらして噛んでいます。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
顎関節安定化装置を使用していただきました。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
顎関節の位置が定まったら、前歯は全く合わなくなりました。これが患者さんの本当の噛み合わせだということです。この時点で患者さんは顎関節が楽になったそうです。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
歯がならんだ直後と顎関節の位置が定まった時の横顔の違いをご覧ください。下顎が本当の位置になったら患者さんはいびきがひどくて仰向けで寝られないと訴えました。しかし、ここでようやく手術の準備が整いました。顎関節が安定した状態で初めて下顎をどれだけ前方に出す必要があるのかが分かります。左側の写真の状態では「顎関節」の位置が正しくありませんので手術はできません。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
手術後です。下顎を約8mm前進させました。 治療期間は全体で約2年6か月でした。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
手術の翌日に患者さんから全くいびきをかかなくなったとの報告を受けました。横顔のレントゲン写真でも空気の通り道が大きく広がっているのが分かります。
下顎後退 29歳女性
下顎後退 29歳女性
患者さんからは下顎の先端をさらに前に出して欲しいという要望がありましたので、オトガイ形成術を追加しました。下顎の先端を約10mm前進させました。

ご予約・お問い合わせ

当院は完全予約制となっております。ご予約は必ずお電話でお願いします。
診療日は診療カレンダーをご確認ください。

トップへ戻る